Nature ハイライト

植物科学:植物ウイルスに対する新しい防御機構

Nature 520, 7549

植物と植物に感染する病原体ウイルスの間には「軍拡競争」に似た関係が存在する。植物は、主にRNAサイレンシングが関わる機構を通じてウイルスに対処している。ウイルスの方はより病原性を強めて、抑制因子に対抗する。さらに、植物はウイルスのエフェクター分子に応答して免疫を引き起こす耐性タンパク質と、ウイルス感染を制限する自然免疫の両方を使っている。E Fontesたちは今回、植物がウイルスとの戦いに際して配備している、もう1つ別の戦術について報告している。シロイヌナズナ(Arabidopsis)は、ベゴモウイルス感染に応じて、ウイルスの標的に関連する遺伝子の転写を翻訳装置内で阻害し、その結果としてタンパク質合成が全体的に低下することが分かった。ベゴモウイルスは、植物ウイルスの中で最も病原性の高いグループの1つであり、ジャガイモやインゲンマメの黄斑モザイク病のような農作物の重篤な感染病を引き起こす。今回の研究は、ベゴモウイルスの制御に使えると考えられる新規な戦術を示唆している。

2015年4月30日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度