Research Press Release

炎症がDREAMの場合

Nature Immunology

2014年2月3日

When inflammation is a DREAM

炎症と痛みとの関係の基盤が、マスでの研究によって、分子レベルで詳しく明らかになった。

タンパク質DREAMは、疼痛過程での機能は詳しく判明しているが、免疫系での働きはほとんど調べられていない。Chinnaswamy Tiruppathiたちは、DREAMが、細胞内の重要な抗炎症分子であるA20の量を、直接抑制することを発見した。そのため、DREAMを持たないマウスはA20レベルが上昇し、敗血症や炎症性の肺障害に対して高い抵抗性を示し、炎症メディエーターの産生量が低下する。従って、DREAMを標的にした薬剤は、炎症に関連した痛みを和らげるだけでなく、過剰な免疫応答による障害をも軽減する可能性がある。

doi:10.1038/ni.2823

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度