目次

Editorials

英国は、地域からも大学へ資金提供ができるシステムを考えた方がよい。

Local support required p.213

doi: 10.1038/426213b

テロとの戦いの陰に隠れてしまいがちだが、旧ソ連の核物質の確実な管理が、核兵器の拡散を防ぐための最重要課題だ。

Facing the nuclear danger p.213

doi: 10.1038/426213a

News

査読を受けていない論文が大量に発表されてエイズ問題を混乱させていると、英国医学会会報(BMJ)のオンライン出版システムに批判の声が。

Medical journal under attack as dissenters seize AIDS platform p.215

doi: 10.1038/426215a

プリオン病の流行を予防するには診断テストの感度の飛躍的改善が必要と、全米科学アカデミーが報告。

Academy calls for improved tests to beat prion disease p.216

doi: 10.1038/426216b

米コーネル大学が、購読料上昇を理由にElsevier社が発行する多数の科学雑誌の購読を取りやめ。

Cornell axes Elsevier journals as prices rise p.217

doi: 10.1038/426217a

日本で1998年に死体で見つかったクジラが新種であることが明らかに。

Whale of a catch blows hole in family tree p.219

doi: 10.1038/426219a

News Features

生物学における競争:スクープだ

ItNULLs a scoop! p.222

細胞生物学や分子生物学など非常に競争が激しい科学分野では、論文をいち早く発表したいというプレッシャーが進歩をゆがめていないだろうか。

doi: 10.1038/426222a

遺伝子組換え(GM)作物:引き裂かれた大陸

A continent divided p.224

アフリカでは、米国や欧州の支援を受けた活動家たちが、GM作物をめぐって激しい論争を繰り広げている。

doi: 10.1038/426224a

News & Views

進化生物学:消滅はいつ?

Expiry dates p.235

ドードーが絶滅したことはまちがいない。しかし、この種はいつ最終的に消滅したのだろう。統計学の手法を使った研究から、その年代を推定できるようになった。この手法は、過去や現在起こっている他の種の絶滅に対しても応用可能と考えられる。

doi: 10.1038/426235a

天文学:伴星の秘密

The mystery companion p.236

死につつある星の近傍で観察されるジェット様の物質噴出は、このようなジェットが星周囲のガス雲を双極性の星雲に形作るというモデルを支持するものだ。ジェットはどうやら、見えない伴星から来るものらしい。letters, p.261 参照。

doi: 10.1038/426236a

植物の発生:きちんと並ぶ葉っぱ

Leaves by number p.237

葉は、普通茎を取り囲んでらせん状に配列されており、それぞれの間の角度はきちんと決まっている。植物の他の多くの現象と同じく、この問題もホルモンであるオーキシンの働きで説明される。articles, p.255 参照。

doi: 10.1038/426237a

シグナル伝達:器官発生と転写因子eye absent

An eye on organ development p.238

ショウジョウバエとマウスを使った実験から、細胞が意外な方法で遺伝子活性を調節していることが明らかになった。これは発生の間の器官形成の解明に重大な影響を及ぼしそうだ。articel, p.247, letters, p.295,299 参照。

doi: 10.1038/426238a

地球気候変化:噴火とエルニーニョのつながり

o p.239

火山の爆発的噴火とエルニーニョ/南方振動の間の関係が統計的に確認され、この種の噴火が気候に与える影響の解明を一歩進めることになった。highlights 参照。

doi: 10.1038/426239a

発生生物学:性の決定をねじ曲げるもの

Gender benders p.241

遺伝子3個の三重ノックアウトという苦心の研究によって、オスの性的発達にインスリン受容体が重要な役割を果たしていることが明らかになった。しかし、多重遺伝子ターゲティングは、哺乳動物でのゲノム機能解析が進むべき道なのだろうか。

doi: 10.1038/426241a

Articles

発生:Eyaのプロテインホスファターゼ活性が哺乳類の器官形成におけるSix1-Dach-Eyaの転写効果を制御する

Eya protein phosphatase activity regulates Six-1-Dach-Eya transcriptional effects in mammmalian organogenesis p.247

doi: 10.1038/nature02083

植物:オーキシンの極性を持った輸送による葉序の調節

Regulation of phyllotaxis by polar auxin transport p.255

doi: 10.1038/nature02081

Letters

宇宙:死につつある星、うみへび座V星からの平行にそろった高速のアウトフロー

A collimated, high-speed outflow from the dying star V Hydrae p.261

doi: 10.1038/nature02086

量子情報科学:すべて光による量子制御NOTゲートの実証

Demonstration of an all-optical quantum controlled-NOT gate p.264

doi: 10.1038/nature02054

物理:アト秒光バンチングの直接観測

Direct observation of attosecond light bunching p.267

doi: 10.1038/nature02091

物理:乾燥が媒介するナノ粒子の自己組織化

Drying-mediated self-assembly of nanoparticles p.271

doi: 10.1038/nature02087

気候:火山活動の強制力に対するエルニーニョ様反応の代理指標による証拠

Proxy evidence for an El Nino-like response to volcanic forcing p.274

doi: 10.1038/nature02101

系統分類:現生ヒゲクジラの新種を発見

A newly discovered species of living baleen whale p.278

doi: 10.1038/nature02103

生態:食物網構造で区画の存在が明らかになった

Compartments revealed in food-web structure p.282

doi: 10.1038/nature02115

神経:代謝共役型グルタミン酸受容体mGluR1によるTRPC1陽イオンチャンネルの活性化

Activation of the TRPC1 cation channel by metabotrophic glutamate receptor family in mice p.285

doi: 10.1038/nature02162

発生:マウスでは精巣の決定にインスリン受容体ファミリーの働きが必要である

Testis determination requires insulin receptor family function in mice p.291

doi: 10.1038/nature02059

生化学:Eyes absent はタンパク質チロシンホスファターゼファミリーに属する

Eyes absent represents a class of protein tyrosine phosphatases p.295

doi: 10.1038/nature02093

生化学:転写因子 Eyes absent はタンパク質チロシンホスファターゼである

The transcription factor Eyes absent is a protein tyrosine phoshatase p.299

doi: 10.1038/nature02097

生理:FKF1はシロイヌナズナの光周性特異的な光シグナル伝達に不可欠である

FKF1 is essential for photoperiodic-specific light signalling in Arabidopsis p.302

doi: 10.1038/nature02090

医学:緑膿菌Pseudomonas aeruginosaバイオフィルムの抗生物質耐性の遺伝的基盤

A genetic basis for Pseudomonas aeruginosa. biofilm antibiotic resistance p.306

doi: 10.1038/nature02122

発生:線虫Caenorhabditis elegansの生殖系列における自己のRNAiによるトランスポゾンのサイレンシング

Transposon silencing in the Caenorhabditis elegans germ line by natural RNAi p.310

doi: 10.1038/nature02107

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度