目次

News & Views

古人類学:チャドで新発見されたヒト科化石

Palaeoanthropology: Hominid revelations from Chad p.133

人類の起源をアフリカとする従来の学説は、今回チャドで発掘された700万年から600万年前の頭蓋骨の持つ特徴により、新しい展開を見せている。この発見は、初期のヒト科動物がおそらく多様だったことを示している。

doi: 10.1038/418133a

惑星科学:太陽系のはずれにて

Planetary science: Out on the edge p.135

海王星より遠方に位置するカイパーベルトは、太陽系で第3の大領域であり、冥王星‐カロン連星が位置している。このような遠方の世界を探索する活動を展望する。

doi: 10.1038/418135a

生殖生物学:列車のように突進

Reproductive biology: Do the locomotion p.137

モリアカネズミの精子は卵を受精させるという、何にも代え難い目的に向かって団結して働く。精子は、連結して隊列を組むことで単独の時のほぼ2倍の速度で移動する。

doi: 10.1038/418137a

化学:自己再生する触媒

Chemistry: Cleaning up catalysts p.138

自動車の排気系に使用される触媒コンバーターは有害排気ガスを低減するが、その寿命は短い。排ガスの組成変化に応答するパラジウム含有物質が、より効果的で寿命の長い触媒コンバーターの開発にとっての基盤となるかもしれない。

doi: 10.1038/418138b

Biodiversity: Bacterial game dynamics p.138

doi: 10.1038/418138a

アポトーシス:離脱を促進する分子

Apoptosis: Repulsive encounters p.139

多細胞生物の体内では数多くの細胞死が起こり、死んだ細胞は貪食細胞に取り込まれる。しかし貪食細胞はどのようにして生きている細胞と死んだ細胞を見分けているのだろうか?今回発表された論文には意外な答えが示されている。

doi: 10.1038/418139a

Theoretical biology: Ants on a Turing trail p.141

doi: 10.1038/418141a

Articles

進化:アフリカ中部のチャドの中新世後期層で出土した新しいヒト科化石

A new hominid from the Upper Miocene of Chad, Central Africa p.145

doi: 10.1038/nature00879

古生物:ヒト科化石が出土したチャドのToros-Menalla遺跡の中新世後期層の地質と古生物

Geology and palaeontology of the Upper Miocene Toros-Menalla hominid locality, Chad p.152

doi: 10.1038/nature00880

Letters

宇宙:隕石中のナノダイヤモンドが初期太陽系で形成された可能性

Possible in situ formation of meteoritic nanodiamonds in the early Solar System p.157

doi: 10.1038/nature00897

物理:フォノンで増強されるナノメートルスケールでの光―物質相互作用

Phonon-enhanced light?matter interaction at the nanometre scale p.159

doi: 10.1038/nature00899

物性:光伝導性有機液晶膜における圧力誘起絶縁体―伝導体転移

Pressure-induced insulator?conductor transition in a photoconducting organic liquid-crystal film p.162

doi: 10.1038/nature00875

材料:自動車排ガス制御のためのPd‐ペロブスカイト触媒の自己再生

Self-regeneration of a Pd-perovskite catalyst for automotive emissions control p.164

doi: 10.1038/nature00893

地球:中央アンデスにおける火山中心の大規模変形の衛星測地探査

A satellite geodetic survey of large-scale deformation of volcanic centres in the central Andes p.167

doi: 10.1038/nature00872

生態:現実の生物を使ったジャンケン式ゲームでは局所的な分散が生物多様性を促進する

Local dispersal promotes biodiversity in a real-life game of rock?paper?scissors p.171

doi: 10.1038/nature00823

発生:モリアカネズミにみられる精子間の例外的な協力

Exceptional sperm cooperation in the wood mouse p.174

doi: 10.1038/nature00832

発生:伝達物質が引き起こす局所的カルシウム放出が成長中の樹状突起を安定化させる

Transmitter-evoked local calcium release stabilizes developing dendrites p.177

doi: 10.1038/nature00850

生理:TRPV3はカルシウム透過性で温度感受性の陽イオンチャネルである

TRPV3 is a calcium-permeable temperature-sensitive cation channel p.181

doi: 10.1038/nature00882

細胞:TRPV3は温度感受性のバニロイド受容体様タンパク質である

TRPV3 is a temperature-sensitive vanilloid receptor-like protein p.186

doi: 10.1038/nature00894

生理:壊死細胞からのクロマチンタンパク質HMGB1の放出が炎症の引き金となる

Release of chromatin protein HMGB1 by necrotic cells triggers inflammation p.191

doi: 10.1038/nature00858

細胞:SWI/SNF類似のBAF複合体によるCD4/CD8発現の相互調節

Reciprocal regulation of CD4/CD8 expression by SWI/SNF-like BAF complexes p.195

doi: 10.1038/nature00876

免疫:アポトーシスは貪食細胞からCD31を介して離脱する能力を失わせ、結合と飲み込みを促進させる

Apoptosis disables CD31-mediated cell detachment from phagocytes promoting binding and engulfment p.200

doi: 10.1038/nature00811

生化学:β‐カロテンヒドロキシラーゼの過剰発現は、シロイヌナズナのストレス耐性を高める

Overexpression of -carotene hydroxylase enhances stress tolerance in Arabidopsis p.203

doi: 10.1038/nature00861

化学:分子量900KのGroEL-GroES複合体のNMR分析

NMR analysis of a 900K GroEL?GroES complex p.207

doi: 10.1038/nature00860

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度