注目の論文

遺伝学:早期発症型ALSの原因遺伝子が判明

Nature Medicine

2021年6月1日

Genetics: Causative gene for early-onset ALS identified

早期発症型の重度の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の小児に、スフィンゴ脂質と呼ばれる種類の脂質の生産に関わる重要な代謝分子をコードするSPTLC1遺伝子に、特異なクラスのまれな変異が見られることを示した論文が、今週、Nature Medicine に掲載される。今回の知見によって、単一の遺伝子変異が早期発症型ALSの原因となること、また、他の神経変性疾患にも関わる可能性のある新規な代謝関連の分子経路が明らかになった。

ALSは進行性の神経変性疾患で、発症後3~5年で死に至ることが多い。ほとんどの症例は孤発性であり、単一遺伝子の変異を疾患と直接関連付ける臨床研究から、ALSのカギとなるドライバー遺伝子に関する重要な手掛かりが得られている。

今回、Carsten Bönnemannたちの研究チームは、7つの家系に属する重度の早期発症型ALS患者9人のゲノム塩基配列を解読し、脂質代謝に関わる酵素の成分をコードする単一の遺伝子SPTLC1に、一群のまれな変異があることを見いだした。実験により、ALSの原因となるこれらの新しく発見された変異の結果、スフィンゴ脂質の生産が抑制できなくなり、ヒトの運動ニューロン(ALSで特異的に変性するニューロンのタイプ)に蓄積することが明らかになった。

この臨床研究によって、悪性の初期発症型ALSの原因となるまれな単一遺伝子変異群が新たに明らかになっただけでなく、直接的な代謝の乱れがALS発症を引き起こす要因であることが示唆された。

doi: 10.1038/s41591-021-01346-1

「注目の論文」一覧へ戻る

プライバシーマーク制度