Research press release

神経科学:育った環境がナビゲーション能力に与える影響

Nature

Neuroscience: How the environment you grew up in influences navigation

都市部以外で育った人々は、都市環境(特に道路が格子状に整備されている地域)で育った人々よりもナビゲーション(移動において適切な経路を選択すること)がうまい可能性があることを示唆した論文が、Nature に掲載される。今回の知見は、格子状に整備された街路などの都市設計と我々の環境が、認知能力と脳機能に影響を及ぼすことを示している。

これまでの研究から、脳の構造と機能が経験によって形作られることが示唆されている。例えば、人間の認知能力やメンタルヘルスは、その人の環境の文化的特性や地理的特性の影響を受ける。しかし、成長期の環境が後年の認知能力に及ぼす影響については、まだ十分に解明されていない。

今回、Antoine Coutrot、Michael Hornberger、Hugo Spiresたちは、2種類のテレビゲームに組み込まれた認知課題を用いて、38か国の39万7162人の空間ナビゲーション能力を測定した。参加者は、出発地点といくつかのチェックポイントの場所を示した地図を決められた順序で提示された。その結果、構造化の度合いが高く、格子状に整備された都市(例えば、米国シカゴ)で育った人は、規則性のある配置のゲームレベルでの成績が良かった。これに対して、都市部以外や規則性の低い配置の都市(例えば、チェコ共和国・プラハ)で育った人は、複雑度の高いゲームレベルでのナビゲーションの成績が高かった。

今回の知見は、人々が育った環境(特に街路の構造)がナビゲーション能力に影響を及ぼし、育った場所と構造的に類似した環境でのナビゲーションの成績が高いことを示唆している。これらの違いが小児期にどのように表れるかを調べるためには、さらなる研究が必要である。

People who grow up outside cities may be better at navigation than those from urban environments, especially those where streets are organized in a grid, suggests a Nature paper. The findings indicate that urban design, such as the grid-like organization of streets, and our environment can affect cognition and brain function.

Previous research suggests that experience can shape brain structure and function. For example, the cultural and geographical properties of an environment have been shown to influence cognition and mental health. However, the effect of our environment when growing up on cognitive abilities later in life remains poorly understood.

Antoine Coutrot, Michael Hornberger, Hugo Spiers and colleagues measured the spatial navigation abilities of 397,162 people from 38 countries using a cognitive task within two video games. Participants were presented with a map indicating the start location and the locations of several checkpoints to find in a set order. The authors found that individuals who grew up in more structured, grid-like cities, such as Chicago, performed better on game levels with a regular layout. However, those who grew up outside of cities or in cities with a less regular layout, such as Prague, were better at navigating more-complex game levels.

The findings suggest that the environment — and in particular the street structure — where people grew up can affect their navigation abilities, and that people are better at navigating in environments that are structurally similar to where they grew up. Further research is required to explore how these differences emerge during childhood.

doi: 10.1038/s41586-022-04486-7

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度