Research press release

ウイルス学:マウスモデルとハムスターモデルでSARS-CoV-2オミクロン変異株の病原性が低いことが分かった

Nature

Virology: Omicron exhibits reduced pathogenicity in mouse and hamster models

前臨床齧歯類モデルの研究で、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)オミクロン変異株の感染力と病原性が低いことが判明したと報告する論文が、Nature に掲載された。

今回、SARS-CoV-2 Assessment of Viral Evolutionプログラムの共同研究ネットワークを構成するMichael Diamond、河岡義裕(かわおか・よしひろ)(ウィスコンシン大学マディソン校教授、東大医科学研究所教授)、Adrianus Boonと複数の独立した研究室に所属する研究者たちは、マウスとハムスターにおけるオミクロン株の感染力と病原性を評価する研究を実施した。また、これとは別に、複数系統のマウスにオミクロンの単離株を注射する実験が行われ、これらのマウスが、以前の変異株に感染したマウスの場合とは異なり、体重が減少しないという観察結果が得られた。また、マウスの気道におけるウイルス量を比較したところ、オミクロン株はベータ株よりウイルスRNAと感染性ウイルスの量が少ないことがわかった。例えば、ある一連の実験では、オミクロン株に感染したマウスの鼻と肺におけるウイルス量は、ベータ株に感染したマウスの感染3日後のウイルス量の10分の1から100分の1にとどまった。

ヒトACE2受容体を発現するシリアンハムスターとトランスジェニックハムスターを用いた実験でも、オミクロン株に感染した個体に体重減少は起こらなかった。オミクロン株による肺感染症、臨床疾患と病変も、デルタ株を含む他の懸念される変異株と比べて軽症だった。

著者たちは、オミクロン株に感染した齧歯類モデルの症状が軽くなる根本的機構を解明し、これがヒトのオミクロン株感染とどのように関連するのかを明らかにすることを目的とした実験が進行中であることを指摘している。

The Omicron variant has a reduced ability to cause infection and disease in preclinical rodent models, according to a paper, published in Nature.

As part of the collaborative network of the SARS-CoV-2 Assessment of Viral Evolution programme, Michael Diamond, Yoshi Kawaoka, Adrianus Boon and colleagues in multiple independent laboratories evaluated the ability of Omicron to cause infection and disease in mice and hamsters. In separate experiments, the authors inoculated different strains of mice with isolates of Omicron and observed that — unlike mice infected with previous variants — these mice did not lose weight. When comparing levels of the virus in the respiratory tract of mice, researchers found that levels of viral RNA and infectious virus were reduced for Omicron compared to Beta. For example, in one series of experiments levels of viral burden in the nose and lungs of mice infected with Omicron were 10–100-fold lower than in those infected with Beta, three days after infection.

In experiments involving Syrian hamsters and transgenic hamsters expressing the human ACE2 receptor, Omicron infection also resulted in no weight loss. Lung infection, clinical disease and pathology with Omicron were also milder compared to other variants of concern, including Delta.

The authors note that experiments are ongoing to determine the underlying mechanisms that result in the reduced levels of infection seen in rodent models and to determine how this relates to Omicron infection in humans.

doi: 10.1038/s41586-022-04441-6

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度