Nature ハイライト

神経科学: ショウジョウバエのCO2への誘引は行動状態に応じて変化する

Nature 564, 7736

キイロショウジョウバエ(Drosophila melanogaster)は酵母を餌とし、酵母は腐りかけの植物質で増殖して発酵中に二酸化炭素(CO2)とエタノールを放出するが、実験室実験では、ショウジョウバエはCO2を忌避することが示されている。今回M Dickinsonたちは、飛行中のショウジョウバエと歩行中のショウジョウバエはどちらも、採餌に関して活動的な状態にあるときにはCO2に誘引されるが、活動レベルの低い状態にあるときにはCO2を忌避することを明らかにし、ハエの行動の矛盾を解決した。この忌避行動は、おそらく呼吸性アシドーシスを避けるためか、CO2を探す寄生生物を避けるためと思われる。対照的に、どのような行動状態にあるときでも、ハエはエタノールに誘引される。エタノールは酵母の発酵に固有のシグネチャーであるが、CO2は、酵母以外の多くの自然過程でも発生するからである。

Article p.420
doi: 10.1038/s41586-018-0732-8 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年12月20日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度