Nature ハイライト

気候変動:陸域の貯水量の定量化

Nature 557, 7707

陸域の貯水量の変化傾向の理解は、人類や生態系の持続可能性を維持するのに極めて重要である。今回M Rodellたちは、重力測定衛星GRACEによって得られた2002~2016年の陸域の貯水量の記録を分析している。その結果、貯水量が著しく増加している地域と減少している地域が明らかになった。中には、こうした地域が隣接していることもあった。主な結論の1つは、いずれの地域における変化も、自然な気候変動と人間の活動を合わせた統合的な影響を反映していることであり、これは各国内および各国間で水の管理に共同して取り組む必要があることを示している。

2018年5月31日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度