Nature ハイライト

免疫学: イタコン酸の抗炎症効果

Nature 556, 7699

マクロファージは、侵入してきた病原菌を認識・排除して、その後、炎症を減弱させて組織修復を可能にする白血球である。内因性代謝産物であるイタコン酸は、マクロファージ活性化の際に、複数の炎症性サイトカインを阻害する。L O'Neillたちは今回、この過程の背後にある機構を調べた。リポ多糖(LPS)で活性化させたマクロファージを、細胞透過性のイタコン酸誘導体である4-オクチルイタコン酸で処理すると、抗酸化および抗炎症性転写因子であるNrf2が活性化された。この活性化は、KEAP1タンパク質の重要なシステイン残基のアルキル化を介して起こり、この修飾はKEAP1によるNrf2のタンパク質分解を阻害する。イタコン酸誘導体を前投与したLPSマウスモデルではNrf2が活性化され、LPSの致死量投与後の生存が延長した。著者たちは、イタコン酸誘導体が炎症性疾患の治療に有用である可能性を示唆している。

Letter p.113
doi: 10.1038/nature25986 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2018年4月5日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度