Nature ハイライト

がん:低酸素状態による遺伝子抑制

Nature 537, 7618

腫瘍のエピジェネティクスは、その起源となった組織とは異なり、がん抑制遺伝子のプロモーターでDNAのメチル化が増加していることが多いが、このような変化が起こる仕組みについてはほとんど分かっていない。今回、D Lambrechtsたちは、多くの固形腫瘍で一般的に見られる腫瘍の低酸素状態が、5-メチルシトシンの酸化を介してDNA脱メチル化を触媒する酸素依存性TET(ten-eleven translocation)酵素群の活性を低下させると報告している。彼らは、酸素がTET活性にとって重要なコファクターであり、低酸素状態によるTET活性の低下が、in vitroでの遺伝子プロモーター、および低酸素状態の腫瘍でのがん抑制遺伝子の高メチル化を亢進させることを明らかにした。著者たちは、腫瘍の低酸素状態がTET活性を直接低下させることでDNAのメチル化が起こり、遺伝子発現が抑制されるのではないかと考えている。つまり、DNAメチル化を抑制する、あるいは腫瘍への血液供給を回復させることで、高メチル化を抑えられれば、有効な治療につながるかもしれない。

2016年9月1日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度