Nature ハイライト

神経科学:網膜神経節細胞には多数の種類がある

Nature 529, 7586

網膜神経節細胞(RGC)は、網膜から脳へ視覚情報を伝達する。何種類のRGCが存在し、それらがどのように分類されるのかは長年の疑問であった。今回T Eulerたちは、2光子カルシウム画像化法を用いてマウス神経節細胞層のパッチの1万1000以上の細胞で刺激に対する応答を記録し、得られたデータに対して教師なしクラスタリングを行った。この結果、マウスの網膜はこれまで知られていなかった数種類を含む30以上の機能の異なるRGCタイプを有することが示された。この数字は現行の推定値よりもかなり多く、RGCの機能的多様性は従来考えられていたよりも大きいことが示唆される。

2016年1月21日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度