Nature ハイライト

細胞: 長命の前駆細胞が血液細胞を生み出す

Nature 514, 7522

多系統の造血は一般に、極めて少数の造血幹細胞(HSC)が階層構造をなす一連の短命の前駆細胞群を安定的に産生することにより維持されていると考えられている。この考え方は、致死量の放射線を照射された宿主への移植に関する過去の実験に基づいている。今回F Camargoたちは、in vivoで1つの細胞とその子孫だけに固有の標識を付けられるトランスポゾンを基盤とする新たな標識技法を用いて、移植が行われていない生来の造血ではこの考え方が当てはまらない可能性があることを示した。成体段階のほとんどを通じて行われている定常状態の造血を主に駆動するのは、古典的に定義されている造血幹細胞ではなく、多数の長命の前駆細胞であることが明らかになった。

Article p.322
doi: 10.1038/nature13824 | 日本語要約 | Full Text | PDF

2014年10月16日号の Nature ハイライト

プライバシーマーク制度