Nature ハイライト

医学:腸チフスの鍵となる新規毒素

Nature 499, 7458

サルモネラ菌(Salmonella enterica)の一種であるチフス菌(Salmonella enterica serovar Typhi;S.Typhi)の病原特性の生物学的基盤はほとんど分かっていない。チフス菌は、腸チフスとして知られる致命的な全身性感染症を引き起こすが、サルモネラ菌の他のほとんどの血清型は無害であるか、あるいはそれほど重篤でない胃感染症や食中毒に関連している。今回、チフス菌独自のAサブユニット2個を含む新規のAB型毒素であるチフス菌毒素の投与により、腸チフスの急性症状の多くが再現されることが示された。さらに、細胞表面糖タンパク質の糖がチフス菌毒素の受容体であることが突き止められ、この毒素の結晶構造の決定によって毒素と受容体間の相互作用についての手がかりが得られた。こうした進展からすると、腸チフスの治療には抗毒素を用いる方法が有効であろうと考えられる。

2013年7月18日号の Nature ハイライト

目次へ戻る

プライバシーマーク制度