Volume 604 Number 7905

今週のハイライト

目次

Editorials

ロシアのウクライナ侵攻は世界の食料安全保障を脅かしており、こうして繰り返される危機の連鎖を防ぐには、食料に関しても政府間監視機構が必要だ。

The war in Ukraine is exposing gaps in the world’s food-systems research p.217

Russia’s invasion is the latest threat to the stability of world food supplies. Researchers must act now to halt the cycle of repeated food crises.

doi: 10.1038/d41586-022-00994-8

スパイ容疑で投獄されているイランの科学者のために、世界の科学界が「声を上げる」ことが重要だ。

Global science must stand up for Iran’s imprisoned scholars p.218

Iranian researchers are at risk as never before. Governments are urging quiet diplomacy. But a new book shows why public campaigns matter.

doi: 10.1038/d41586-022-00995-7

News

Wボソンの質量が理論予測より大きいという実験結果が発表され、物理学の標準模型が覆る可能性も。

Particle’s surprise mass threatens to upend the standard model p.225

Data from an old experiment find that the mass of the W boson is higher than theory predicts, hinting at future breakthroughs.

doi: 10.1038/d41586-022-01014-5

ウクライナ侵攻により、欧米諸国の多くがロシアとの研究協力を停止したが、中国、インド、南アフリカは関係を維持へ。

The countries maintaining research ties with Russia despite Ukraine p.227

Many Western nations are severing scientific links — but it’s a different story in China, India and South Africa.

doi: 10.1038/d41586-022-00945-3

ロシアのウクライナにおける化学兵器使用のリスクとその検証法とは。

Will Russia use chemical weapons in Ukraine? Researchers evaluate the risks p.228

doi: 10.1038/d41586-022-00948-0

ヒトの脳が年齢とともにどのように拡大・収縮するのかが、約10万人から得た12万枚以上のMRI画像の大規模解析から明らかに。

Your brain expands and shrinks over time — these charts show how p.230

Based on more than 120,000 brain scans, the charts are still preliminary. But researchers hope they could one day be used as a routine clinical tool by physicians.

doi: 10.1038/d41586-022-00971-1

SARS-CoV-2に感染した免疫細胞が、大規模な炎症を起こしてCOVID-19の重症化の引き金になる可能性が。

What triggers severe COVID? Infected immune cells hold clues p.231

Studies have revealed that infected immune cells prompt a massive inflammatory response.

doi: 10.1038/d41586-022-00965-z

News Features

ウクライナでの戦争は、エネルギーや気候、食料にどのような意味を持つか

What the war in Ukraine means for energy, climate and food p.232

ロシアのウクライナ侵攻はこれらの短期的な価格急騰を引き起こしたが、長期的に見ると持続可能性を推進する可能性がある。

doi: 10.1038/d41586-022-00969-9

AIによるタンパク質折りたたみ予測革命の次なる展開は

What's next for AlphaFold and the AI protein-folding revolution p.234

タンパク質の3D構造予測ソフトウエア「AlphaFold」は、すでに生物学を変革している。

doi: 10.1038/d41586-022-00997-5

News & Views

気候科学:気候公約によって温暖化を2°C未満に抑えられる可能性

Net-zero commitments could limit warming to below 2 °C p.247

今回、COP26における各国の気候公約が分析され、そうした公約によって2100年まで地球温暖化が確実に2°Cを超えないようにできる可能性があるが、短期的な政策に支えられる場合に限られることが示された。

doi: 10.1038/d41586-022-00874-1

腫瘍生物学:腫瘍形成を駆動する変異には細胞の位置が重要である

Cell position matters in tumour development p.248

メラノサイトと呼ばれる皮膚細胞は、同じ遺伝子変化の影響を同じようには受けない。今回、腫瘍を形成するその能力が、細胞の解剖学的位置に応じて選択的に活性化される遺伝子発現プログラムと関連していることが分かった。

doi: 10.1038/d41586-022-00856-3

微生物学:細菌の防御系が侵入するプラスミドを分解する

Cholera-causing bacteria have defences that degrade plasmid invaders p.250

プラスミドは、環状のDNA分子で、多くの細菌に見られ、宿主の微生物に新たな特徴を与えることができる遺伝子を持っている。今回、コレラの原因菌がプラスミドをどのように排除するのかという謎が解かれた。

doi: 10.1038/d41586-022-00871-4

デバイス物理学:光の指紋を学ぶことのできる検出器

A detector that can learn the fingerprint of light p.252

今回、人工ニューラルネットワークの助けを少し借りて、ねじれ二重2層グラフェンでできた小型デバイスによって、光波の偏光、波長、出力を同時に特定できた。

doi: 10.1038/d41586-022-00973-z

電気化学:帯電が促進する巧妙な合成反応

Electrification promotes tricky synthetic chemical reactions p.253

化学合成は、遷移金属が触媒する反応に頼っていることが多い。今回、これを必要としない電気化学的方法が開発され、これまで困難だった反応への道が開かれた。

doi: 10.1038/d41586-022-00852-7

Perspective

工学:脳に着想を得たコンピューティングに必要な基本計画

Brain-inspired computing needs a master plan p.255

doi: 10.1038/s41586-021-04362-w

Analysis

計算生物学:臨床ゲノミクスおよび研究のためのNCBIとEMBL-EBIによる統合転写産物セット

A joint NCBI and EMBL-EBI transcript set for clinical genomics and research p.310

doi: 10.1038/s41586-022-04558-8

Articles

天文学:宇宙の夜明けで銀河とクエーサーを橋渡しする、塵に富むコンパクト天体

A dusty compact object bridging galaxies and quasars at cosmic dawn p.261

doi: 10.1038/s41586-022-04454-1

デバイス物理学:調整可能なモアレ量子幾何学によって実現可能になったインテリジェント赤外センシング

Intelligent infrared sensing enabled by tunable moiré quantum geometry p.266

doi: 10.1038/s41586-022-04548-w

材料科学:組成むらによる引張延性と超高強度の融合

Uniting tensile ductility with ultrahigh strength via composition undulation p.273

doi: 10.1038/s41586-022-04459-w

エネルギー科学:酸化インジウム相互接続を用いたペロブスカイト–有機タンデム型太陽電池

Perovskite–organic tandem solar cells with indium oxide interconnect p.280

doi: 10.1038/s41586-022-04455-0

エネルギー科学:40%の熱光起電力効率

Thermophotovoltaic efficiency of 40% p.287

doi: 10.1038/s41586-022-04473-y

電気化学:電気化学的に駆動されるハロゲン化アルキルの交差求電子剤カップリング

Electrochemically driven cross-electrophile coupling of alkyl halides p.292

doi: 10.1038/s41586-022-04540-4

化学:不斉縮合によるキラルスルフィン酸エステルの合成

Synthesis of chiral sulfinate esters by asymmetric condensation p.298

doi: 10.1038/s41586-022-04524-4

気候科学:パリ協定の公約を実現すれば、温暖化を2°C未満に抑えられる可能性がある

Realization of Paris Agreement pledges may limit warming just below 2 °C p.304

doi: 10.1038/s41586-022-04553-z

神経発生学:ショウジョウバエの視覚系の一連の時間的転写因子の全て

A complete temporal transcription factor series in the fly visual system p.316

doi: 10.1038/s41586-022-04564-w

微生物学:7回目のパンデミックを起こしているコレラ菌では2つの防御系によってプラスミドが排除される

Two defence systems eliminate plasmids from seventh pandemic Vibrio cholerae p.323

doi: 10.1038/s41586-022-04546-y

コロナウイルス:ヒト細胞に感染性のあるSARS-CoV-2関連コウモリコロナウイルス

Bat coronaviruses related to SARS-CoV-2 and infectious for human cells p.330

doi: 10.1038/s41586-022-04532-4

免疫学:肥満症は炎症性疾患の病理と治療応答を変化させる

Obesity alters pathology and treatment response in inflammatory disease p.337

doi: 10.1038/s41586-022-04536-0

生物工学:サプレッサーtRNAのAAV送達によってマウスのナンセンス変異が克服される

AAV-delivered suppressor tRNA overcomes a nonsense mutation in mice p.343

doi: 10.1038/s41586-022-04533-3

発生生物学:区画化された代謝は哺乳類の妊娠中期の発生を支える

Compartmentalized metabolism supports midgestation mammalian development p.349

doi: 10.1038/s41586-022-04557-9

腫瘍生物学:黒色腫では解剖学的位置が発がん特異性を決める

Anatomic position determines oncogenic specificity in melanoma p.354

doi: 10.1038/s41586-022-04584-6

分子生物学:ポリ(A)尾部中のN6-メチルアデノシンはVSG転写産物を安定化する

N6-methyladenosine in poly(A) tails stabilize VSG transcripts p.362

doi: 10.1038/s41586-022-04544-0

生化学:O抗原リガーゼによるリポ多糖成熟の構造基盤

Structural basis of lipopolysaccharide maturation by the O-antigen ligase p.371

doi: 10.1038/s41586-022-04555-x

構造生物学:脂質膜中にあるPIEZO1による構造の変形と湾曲のセンシング

Structure deformation and curvature sensing of PIEZO1 in lipid membranes p.377

doi: 10.1038/s41586-022-04574-8

生物物理学:天然の膜を横切るロドプシン受容体シグナル伝達カスケードを捉える

Capturing a rhodopsin receptor signalling cascade across a native membrane p.384

doi: 10.1038/s41586-022-04547-x

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度