Research Press Release

【生物学】心疾患の治療と予防にモクレンが役立つ

Nature Communications

2015年4月15日

Biology: Magnolia for a healthier heart

このほど行われたマウスの研究で、モクレンの樹皮から抽出した天然の化合物「ホノキオール」が心肥大やその他数多くの疾患の治療に役立つ可能性が明らかになった。その詳細についての報告が、今週掲載される。

心肥大は、心室の壁の厚みが増した状態で、心不全を引き起こすことがある。伝統的な東洋医学で用いられるホノキオールには鎮痛作用、抗炎症作用、抗酸化作用、抗がん作用、神経保護作用があることがすでに判明している。

今回、Mahesh Guptaたちは、マウスモデルを使ってホノキオールを投与する実験を行い、すでに心肥大にかかっているマウスの症状が緩和され、心肥大になりやすいマウスが心肥大を発症しなかったことを明らかにした。また、Guptaたちは、ホノキオールがSirt3タンパク質の発現量を増加させて、そうした作用をもたらしていることを明らかにし、Sirt3を活性化させることの分かった初めての薬物がホノキオールである点も指摘している。Sirt3は、ミトコンドリアの機能のさまざまな側面を調節することが知られており、Guptaたちは、ホノキオールがミトコンドリアの損傷と酸化ストレスと関連した疾患(例えば、アルツハイマー病、パーキンソン病、糖尿病)の治療に役立つことを期待している。

doi:10.1038/ncomms7656

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度