Research Press Release

人間活動が熱帯降雨帯を移動させた可能性

Nature Geoscience

2015年2月10日

Human activity may have shifted the tropical rainfall band

産業革命以降のエアロゾル放出が、熱帯降雨帯を中央アメリカ南部に移動させたことを示唆する報告が、今週のオンライン版に掲載される。

Harriet Ridleyらはベリーズのヨクバルム洞窟で得られた石筍の地球化学的性質を用いて西暦1550~2006年の降雨強度を再現した。その結果、ベリーズ南部で1800年代後半から始まる長期の乾季の傾向を見つけたが、これは産業革命に引き続く北半球のエアロゾル放出増加と一致している。記録には、他にも明瞭な乾季の時期が、大気に大量のエアロゾルを放出した北半球の大規模火山噴火直後に起きていることが示されている。

関連するNews & ViewsでJud Partinは「この変化は、エアロゾル放出が南半球と相対的に北半球の温暖化速度を減少させ、(熱帯)降雨(帯)を南に移動させているという仮説を支持するものである」と記している。

doi:10.1038/ngeo2353

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度