Research Press Release

緑茶の助けを借りてがんと闘う

Nature Nanotechnology

2014年10月6日

Fighting cancer with the help of green tea

緑茶の主成分を抗がんタンパク質のキャリアとして用いると、安定で効果的な治療用ナノ複合体を作ることができる。今週のオンライン版で報告されるこの研究結果は、薬物送達システムの改良に役立つ可能性がある。

がんの治療法として、治療薬とキャリアで構成される薬物複合体を利用する方法がある。腫瘍部位に治療薬を運ぶキャリアを設計する際、いくつかの要素を考慮する必要がある。例えば、腫瘍だけを攻撃する特異性を持たなければならない。また、キャリアが体内で代謝されない場合、大量のキャリアが毒性をもたらす可能性があるため、薬とキャリアの比が重要になる。さらに、薬物複合体が体内で攻撃され、直ちに排出されると、有効性が損なわれてしまう。

今回Joo Eun Chungたちは、緑茶に豊富に含まれる(-)-エピガロカテキン-3-O-ガラート(EGCG)という分子を用いて、抗がんタンパク質ハーセプチン用のキャリアを開発した。EGCGのメリットは、EGCG自体に抗がん作用があることである。ChungたちがEGCG-ハーセプチンナノ複合体をマウスに注射したところ、ハーセプチン単独の場合と比較して、腫瘍選択性が向上し、腫瘍増殖が抑制され、血液中に長くとどまるため、効果が高まる可能性があることが明らかになった。

doi:10.1038/nnano.2014.208

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度