Research Press Release

湿地帯にとらえられた河川三角州堆積物

Nature Geoscience

2014年8月25日

River delta sediment trapped by marshes

湿地帯における中程度の植生量は河川三角州の堆積を強化するとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。この発見は、米国ミシシッピ川三角州などの、海面上昇により危機に瀕している河川三角州の復旧戦略を作るために役立つと考えられる。

William Nardin とDouglas Edmondsは、数値モデルと米国ルイジアナ州のワックス湖三角州における観測を用いて、湿地帯の植生が河川三角州の堆積物輸送にどのような影響を与えるかを研究した。彼らは、高さと密度が中程度植生が砂と泥の堆積に最適であることを発見した。しかしながら、植物の背丈や密度が高すぎると、砂は川の流路に残る傾向があり、湿地帯の堆積作用は減少する。このことは、湿地帯の植生が季節ごとに成長する時期と相対的な、堆積物を含んだ水を河川三角州の湿地帯へと運ぶ洪水、嵐、土木工学的な移流が起きた時期が、このような椎地帯がいかに効率的に土地形成を強化するかを決定することを示唆している。

doi:10.1038/ngeo2233

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度