Research Press Release

男性は齧歯類のストレスを強める

Nature Methods

2014年4月29日

Men increase stress in rodents

マウスおよびラットを男性実験者またはその衣服に接触させると、その齧歯類のストレスレベルが上昇し、実験中の動物の行動に影響が及ぶことが、今週のオンライン版の掲載論文で明らかにされる。この研究は、実験者の性別が行動研究に交絡作用を及ぼす場合があり、配慮を要することを示している。

男性実験者と女性実験者の前でマウスの反応が異なることに関して、裏付けに乏しい証拠は存在している。特に、マウスの疼痛反応は、実験者が女性ではなく男性の場合に鈍麻するといわれている。

この言説を検討するため、Jeffrey Mogilたちは、マウス・グリマス・スケール(齧歯類の疼痛の高感度な計量法)を用い、実験者が男性か女性かでマウスの疼痛反応を比較した。その結果、男性が実験を行った場合に、痛覚の著明な抑制(ストレス誘発鎮痛として知られる)が認められた。さらに調べると、この作用はヒトの汗に含まれる化学物質の混合物からの嗅覚刺激によるものであり、男性が脱いだTシャツにマウスを接触させることによって再現されることも明らかにされた。そのマウスには、コルチコステロン(ストレスホルモンの一種)のレベルおよび体温の上昇も認められ、ストレスレベルが高いことがうかがわれた。研究チームは、別の行動実験で、男性が脱いだTシャツの存在がマウスの不安を増強することをオープンフィールド試験によって観察し、男性の嗅覚刺激の影響を確認した。

doi:10.1038/nmeth.2935

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度