Research Press Release

大気が原因のハワイの地表オゾン量変化

Nature Geoscience

2014年1月27日

Atmospheric-induced shifts in surface ozone levels over Hawaii

大気循環の変化は、1980年代以降のハワイにおける地表オゾン量の異常な傾向を説明できるとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。この発見は、大気下層のオゾン量の傾向を解釈する際には、気候の10年変動度を考慮に入れる必要があることを示唆している。

Meiyun Linたちは、過去30年間にわたる気候の10年変動とハワイのオゾン量との間の関連性を一連の気候モデルシミュレーションを用いて検証した。彼らは、ユーラシアからハワイへのオゾンに富んだ空気の流れが2000年代の春季には弱くなって春季のオゾン量を低下させたことを発見した。それとは対照的に、1990年代半ばからは秋季のハワイへのオゾンに富んだ空気の流れが強化され、この地域の秋季のオゾン量が上昇した。

関連するNews & ViewsでGuang Zengは、著者たちは「大気循環の変化により、1990年代以降のハワイにおける地表オゾン量の季節的な傾向が形成された」ことを示したと書いている。

doi:10.1038/ngeo2066

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度