Research Press Release

組織内の力を測定する

Nature Methods

2013年12月9日

Measuring force within tissue

任意の生物の組織内の機械的応力を測定する方法論が、今週のオンライン版で発表される。この方法は、機械的な力が発生途上組織と成熟組織の双方で形状、構造、および機能に寄与する仕組みの研究を可能にすると考えられる。

生物の組織は動的な構造体である。とりわけ発生中には、細胞の運動と機械的な力が、発生途上の組織や臓器の形状、ひいては機能に対して、重要な役割を担っている。

Otger Campas、Don Ingberたちは、機械的特性が明確な安定した微小油滴を利用して、組織内の力を測定した。研究チームは、目的とする細胞のリガンドでその油滴を包み、培地中で維持された生きている組織にその油滴を注入した。周囲の細胞は油滴を押したり引いたりし、その形を変化させる。その変形を正確に測定してモデリングと組み合わせることにより、その部位での組織内の機械的な力が推測された。研究チームはこの方法を利用して、三次元的な細胞凝集体とともに、マウス胚から取り出して培地中で維持した下顎組織の内部で、力のモニタリングを行った。

doi:10.1038/nmeth.2761

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度