Research Press Release

にわか雨に関連した極度の降雨

Nature Geoscience

2013年2月18日

Rainfall extremes linked to showers

激しいにわか雨に関連した降雨量は、ほかの降雨の場合よりも大気温度の上昇に応答した増加量が大きいと、今週のオンライン版に発表された研究が報告している。この発見は、気候温暖化に伴い予想される激しい降雨の増加は、異なった空気塊がぶつかるときに生じる定常的な降雨ではなく、雷雨のようなにわか雨の降雨に関連することを示唆している。

Jan Haerterたちはドイツの降雨の測定を天候と温度の記録と組み合わせて、にわか雨のような対流的降雨を、暖かい空気塊が冷たいものにかぶさる際に起きる事象と分離させた。彼らは、にわか雨は温度の上昇に応答してより急速に強化されることを見つけた。

doi:10.1038/ngeo1731

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度