Research Press Release

火星の濡れた地下

Nature Geoscience

2013年1月21日

A wet subsurface on Mars

火星の表面化には地下水が存在した可能性があり、古代には生命が生息可能であったという報告が今週オンライン版に掲載される。したがって、深部地殻の物質が地表にもたらされた場所は、火星で生命の証拠を探す将来の宇宙計画で最初に探すべき所となるだろう。

Joseph Michalskiたちは火星の地下水上昇の可能性を評価した。彼らは、火星で最深のクレーターの一つである、マクローリン・クレーターの地下から地下水が上昇したことを示唆する堆積物を発見した。彼らは火星では地域的な地下水上昇が突発的に起きて、地下の生息可能性に対する証拠となる堆積物を残す可能性があると示唆している。

doi:10.1038/ngeo1706

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度