Research Press Release

孤立性線維性腫瘍におけるNAB2-STAT6遺伝子融合

Nature Genetics

2013年1月14日

NAB2-STAT6 gene fusion in solitary fibrous tumors

孤立性線維性腫瘍(SFT)の症例の少なくとも半数で、2個の特定の遺伝子の融合が起こることを報告する2編の論文が、今週、オンライン版に掲載される。SFTは、稀な腫瘍で、肺を覆う膜である胸膜で発生することが最も多いが、軟組織部位でも発生する。

今回、A Chinnaiyanたちは、SFTを再発した患者に由来するSFTのエキソームの塩基配列を解読して、NAB2遺伝子とSTAT6遺伝子の融合を検出した。また、合計51症例の孤立性線維性腫瘍の解析が行われ、すべての症例で、NAB2遺伝子とSTAT6遺伝子の融合が同定された。さらに行われた実験では、NAB2-STAT6融合の発現によって、細胞増殖が増えた。このことは、この遺伝子融合がSFTの発症に関連している可能性を示す新たな証拠となった。

一方、M Meyersonたちは、17例のSFTについて、全エキソーム塩基配列解読を行った結果を報告している。また、53例のSFTについての解析も行われ、そのうちの29例(55%)にNAB2-STAT6遺伝子融合が存在することが明らかになった。

doi:10.1038/ng.2509

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度