Research Press Release

【流体】血液の凝固をヒントとした複合体の集合形成

Nature Communications

2013年1月9日

Fluids: Controlling blood clotting

制御された実験条件とシミュレーションにおいて人工的な血液凝固が誘導されたことを報告する論文が、今週、掲載される。自然に発生して血流を止めてしまう血栓は、高分子コロイド凝集体の一例だが、今回の研究は、究極的には、現在の方法に代わる単純で迅速な高分子コロイド凝集体作製法の実現につながる可能性がある。

(生体)高分子コロイド複合体の血栓の形成は、剪断流、つまり、流体が体内を強制的に流れるための勾配が原因になっており、直感的な予想に反して、流動条件が強化されると、血栓の集合形成が増強される。今回、A Alexander-Katzたちは、剪断流の存在下で、流動による生体高分子と血小板コロイドの自己集合のシミュレーションと測定を行い、この複合体の形態を調整し、さらには逆転させることができ、それが流速によって決まることを明らかにした。今回の研究を用いて、制御された機械的特性と化学的特性を有する新たな高分子コロイド複合体を設計し、合成できる可能性があるとAlexander-Katzたちは考えている。

doi:10.1038/ncomms2326

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度