Research Press Release

脳における社会的報酬

Nature Neuroscience

2012年12月24日

Social rewards in the brain

サルが報酬を手に入れたり逸したりしたとき、そのいきさつを把握しているのは前頭前野のニューロンだとの研究がオンライン版に報告される。この発見は、この脳領域が利他的行動を支えている可能性があることを示している。

脳の前部領域は報酬に関係する情報を担っている。Michael Plattら研究者は、サルが報酬を得るか、あるいは他のサルにその報酬を差し出すと、前部帯状回という特定領域が応答することを示している。サルに課題を与え、ジュースを受け取るか、もしくは隣に座っている別のサルにジュースを譲るかという選択をさせた。サルはたいてい、自分でジュースを飲むほうを選んだが、ときどきは利他的に振る舞いほかのサルにジュースを差し出そうとした。脳の細胞のあるものはサルがジュースを飲んだときにのみ応答し、ほかの細胞はジュースを別のサルに差し出したときにのみ応答した。ただし、どのサルがジュースを受け取ったかにかかわらず応答するニューロンがいくつかあり、これらのニューロンが報酬の社会的価値についての動向を把握していると示唆される。

doi:10.1038/nn.3287

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度