Research Press Release

タンパク質ネットワークに情報を加える

Nature Methods

2012年12月17日

Adding structure to protein networks

タンパク質ネットワークに三次元(3D)のタンパク質構造情報の注釈を加えるためのリソース・ツールが、今週のオンライン版で発表される。このリソースは、タンパク質ネットワークの力学に関する仮説の探究、疾患の原因となる変異の影響の解析、およびタンパク質間相互作用を阻害する物質の設計を促進するものと考えられる。

細胞の活動に不可欠な要素であるタンパク質は、きわめて組織的に相互作用を行うことによって生物学的機能を発揮する。最近、タンパク質間相互作用を明らかにする高処理能技術により、タンパク質ネットワークに関する情報が大量に生み出されている。

Patrick Aloyたちは、そうしたネットワークを構成するタンパク質に詳細な3D構造情報を加えるためのインターネットリソース・ツール「Interactome3D」を発表した。これは、結合相互作用の分子的側面の解明に有用なものである。研究チームは、入手可能な構造情報を利用してタンパク質間相互作用のモデルを作成し、8種類のモデル生物でそうした相互作用1万2,000組以上のモデルを示している。Interactome3Dでは、利用者自身が着目したタンパク質ネットワークに構造情報を加えることも可能である。

Interactome3Dについては、http://interactome3d.irbbarcelona.org/ を参照のこと。

doi:10.1038/nmeth.2289

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度