Research Press Release

極域の嵐が海洋循環に拍車をかける

Nature Geoscience

2012年12月17日

Polar storms spur ocean circulation

大西洋最北部における極域の嵐は、ほとんどの気候モデルでは小さすぎ、また短命であるために分析できていないが、北大西洋の逆転循環に大きな影響を及ぼしていることが示された。このような嵐の頻度は地球が温暖化するにつれて減少すると予想されているので、海洋循環は現在の気候モデルで予測されているよりも弱くなる可能性がある。

Alan CondonとIan Renfrewは海洋海氷モデル・シミュレーションで、海洋循環に極嵐がもたらす効果を含めたものと含めないで走らせたモデルとを比較した。彼らは、極嵐の効果を考慮に入れた場合は、北大西洋の主要な循環流路に沿ってより多くの水が輸送されることを示した。彼らは、毎年北大西洋の北部地域を横切る極域の低気圧システムが数千個あるので、その影響は気候予測モデルに考慮される必要があると結論している。

doi:10.1038/ngeo1661

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度