Research Press Release

免疫学:第I相試験で有望な結果が得られた新規SARS-CoV-2ワクチン候補

Nature

2021年11月23日

Immunology: Promising phase I trial results for a new SARS-CoV-2 vaccine candidate

ペプチドを用いたワクチンの候補であるCoVac-1の第I相臨床試験で、CoVac-1によって重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)に対する免疫が誘導されることが明らかになった。CoVac-1によって誘導されたのは、ウイルスの制御にとって重要な応答であるT細胞免疫で、CoVac-1は免疫不全患者に役立つ可能性がある。この知見を報告する論文が、Nature に掲載される。

T細胞は、感染細胞を攻撃したり、B細胞による防御抗体の産生を促進したりすることによって、ウイルスなどの病原体を撃退する役割を担っている。T細胞免疫は、B細胞欠損症患者(がん患者など)にとって特に重要だ。CoVac-1は、SARS-CoV-2に対して、自然感染によって獲得される免疫に似た持続的なT細胞免疫を1回の接種で誘導することを目指している。

今回、Juliane Walzたちの研究グループは、CoVac-1の単回投与を受けた18~80歳の参加者(合計36人)を採用して、CoVac-1の最初の臨床評価を実施した。その結果、ワクチン接種の28日後に全参加者にSARS-CoV-2特異的なT細胞応答が認められ、その効果は少なくとも3か月間持続した。Walzたちは、ワクチンによって誘導されたT細胞応答が、SARS-CoV-2の自然感染によって誘導されるT細胞応答より強いことを明らかにした。さらに、CoVac-1誘導性T細胞応答は、現在のSARS-CoV-2の懸念される各変異株(アルファ、ベータ、ガンマ、デルタ)のいずれによっても変化しなかった。Walzたちは、試験参加者全員に良好な安全性プロファイルとT細胞応答の誘導が認められたことで、第II相試験で実施中のCoVac-1の評価を行うことの正当性が裏付けられたと結論している。

doi:10.1038/s41586-021-04232-5

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度