Research Press Release

社会学:リモートワークが、従業員間の協力に影響していた

Nature Human Behaviour

2021年9月10日

Sociology: Remote working affects collaboration among employees

全社的なリモートワークは、従業員同士の協力ネットワークをサイロ化させ、定例ミーティンなどのリアルタイムのコミュニケーションを減少させたことが、米国マイクロソフト社の約6万1000人の従業員を対象に2019年12月~2020年6月に実施されたケーススタディーから明らかになった。この結果についての報告が、Nature Human Behaviour に掲載される。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)が始まった当初の在宅勤務という方策によって、多くの企業はほぼ全ての従業員をリモートワークへと速やかに移行させた。今回、Longqi Yangたちは、こうした仕事のパターンの変更を使って、全社的なリモートワークが、協力およびコミュニケーションのパターンに及ぼす影響を調べた。彼らは、米国マイクロソフト社の従業員の電子メール、電話、定例ミーティング、定期的ではないミーティング、インスタントメッセージなどの大規模な匿名化データを用いて、同僚の多くがオフィスワークからリモートワークへと移行するにつれて、これらのコミュニケーションがどのように変化したかを調べた。その結果、全社的なリモートワークによって、他グループの同僚とのつながりが減少し、別のグループ間の橋渡しをする(ひいては新たな情報へのアクセスの機会をもたらし得る)同僚と過ごす時間を減少したことが分かった。また、リモートワークによって、定例の音声通話やビデオ電話といったリアルタイムコミュニケーションが減少し、電子メールやボイスメールやインスタントメッセージの量が増加して、1週間の平均勤務時間が増えた。

Yangたちは、全社的なリモートワークによって、コミュニケーションおよび協力のパターンが変化し、グループを越えたチームワークの機会が減少する可能性があると示唆している。

doi:10.1038/s41562-021-01196-4

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度