Research Press Release

生物工学:DNA塩基配列を用いた「ヤマアラシ」システムで対象物を標識する

Nature Communications

2020年11月4日

Biotechnology: ‘Porcupine’ system tags objects with DNA

DNA塩基配列で対象物を「標識」するシステムについて報告する論文が、Nature Communications に掲載される。「Porcupine(ヤマアラシ)」と命名されたこのシステムは、ヤマアラシの針状の毛が物にくっつくことから着想したもので、対象物の追跡に用いることができ、RFIDタグやQRコードが適さないような非常に小さな物体の追跡にも使用できる。この標識は、携帯デバイスを使用して数秒以内に解読できる。

今回、Katie Doroschakたちの研究チームは、DNA塩基配列をIDとして用いる分子標識システムPorcupineを設計した。このDNA標識は、あらかじめ定義された塩基配列(著者たちがmolbitsと命名)からなり、これを組み合わせて一意的な「バーコード」を作ることができる。それぞれのDNA塩基配列は、携帯型ナノポアDNAシーケンサーを使って直接解読できるよう設計されており、低リソース環境でもオンデマンドで読み出すことができる。Porcupineは、基本的な実験装置を用いて大量の一意的なタグ(約42億個)を生成できるように設計されている。Doroschakたちが行った原理実証実験では、このシステムを用いて、Molecular Information Systems Labの頭字語MISLを数秒以内に確実に符号化・復号化できた。

Doroschakたちは、今回のシステムは、RFIDタグやQRコードのような既存の標識方法を使用できない状況、例えば、非常に小さな対象物や大量の対象物(もしくはその両方)を標識する場合使用されることを想定している。その他の用途としては、標識が見えない状態にしておく必要のある偽造防止などがある。

doi:10.1038/s41467-020-19151-8

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度