Research Press Release

免疫学:SARS-CoV-2に対する免疫応答の男女差

Nature

2020年8月26日

Immunology: Sex differences in immune responses to SARS-CoV-2

COVID-19の男性患者と女性患者の免疫応答の違いを概説した論文が、Nature に掲載される。この知見は、COVID-19患者の性別に応じた治療とケアの指針として役立つ可能性がある。

COVID-19患者の重症度は女性よりも男性の方が高くなる傾向のあることが先行研究で示されているが、この格差の根底にある理由は明らかでない。この点を詳しく調べるため、米国エール大学医学部免疫生物学部門の岩崎明子(いわさき・あきこ)たちの研究グループは、SARS-CoV-2検査で陽性反応が確定してエール・ニューヘイブン病院に入院した軽度から中等度のCOVID-19患者(合計98人、18歳以上で、平均年齢が男性61.9歳、女性64歳)の評価を行った。その結果、女性患者のT細胞応答が男性患者よりも強力で持続的であることが分かった。T細胞は、免疫系の重要な一部であり、感染細胞の殺傷などの役割を果たしている。今回の研究では、男性患者の場合にT細胞応答が低いことが疾患転帰不良と相関することが示された。

また、COVID-19患者は、健常対照者と比較して、自然免疫性のサイトカインとケモカイン(炎症部位への免疫細胞の動員に関与するシグナル伝達分子)のレベルが高いことが明らかになった。しかし、これらの因子の一部のレベルは、男性患者の方が女性患者より高かった。女性患者の場合、自然免疫性サイトカインレベルが高いと、COVID-19に対する応答性が悪くなった。こうした結果は、男性患者にはT細胞応答を高める治療法が役立つ可能性がある一方で、女性患者には初期自然免疫応答を低下させる治療法が役立つ可能性のあることを示している。ただし、岩崎たちの研究グループは、今回の研究でCOVID-19の男性患者と女性患者の転帰不良のリスクを変える可能性のある他の根本的な要因を否定しきれなかった点に注意を要すると指摘している。

doi:10.1038/s41586-020-2700-3

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度