Research Press Release

【医学】出生前のアンドロゲン曝露が、多嚢胞性卵巣症候群のリスクにつながる

Nature Medicine

2019年12月3日

Prenatal androgen exposure linked with polycystic ovarian syndrome risk

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の女性から生まれた娘は、PCOSを発症するリスクが5倍も高いことを報告する論文が掲載される。

PCOSは生殖年齢の女性の17%にまで見られ、受精率の低下や2型糖尿病、それに不規則な月経周期のような健康に有害な事象に関連がある(そのすべてが、肥満によってさらに悪化する)。PCOSの罹患率は高く、女性の健康に対する悪影響も大きいが、PCOSの原因やリスク因子はほとんど明らかになっていない。これまでの研究から、単純な遺伝だけで説明できるのは、PCOSの遺伝率のせいぜい10%に過ぎないことがわかっている。

Elisabet Stener-Victorinたちは、スウェーデンのPCOSを発症した女性の診療記録を解析し、ある症例対照研究からチリのPCOS患者とその娘のコホートを追跡した。すると、PCOSのスウェーデン女性、チリ女性ともに、娘がPCOSと診断される確率が通常の5倍にも上った。この現象の原因をさらに調べようと、著者たちはマウスでの研究を行った。すると、観察された世代を超えて伝わる現象に関わっているのは、妊娠中の肥満ではなく、出生前のアンドロゲン曝露出あることが分かった。また、世代を超えた作用は永続し、最大で三世代にわたって受け継がれることが分かった。

これらの知見から、PCOSという多様な症状を示す疾患の複雑さの一端が明らかになり、これからの女性のPCOSを防ぐ研究を進めるための基盤が得られた。

doi:10.1038/s41591-019-0666-1

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度