Research Press Release

【ネットワーク】タクシーの運行台数を絞って都市部でのスムースな移動を図る

Nature

2018年5月24日

Networks: Cab cull makes city slicker

米国ニューヨーク市内でのタクシーの運行台数を今より最大40%削減しても十分事足りる可能性のあることを報告する論文が、今週掲載される。この新知見は、今後、ネットワーク化された自動運転車の運用が一般的になれば、より重要性を増す可能性がある。

情報技術と通信技術は、都市部での移動に関する新たなソリューション(例えば、オンデマンド車両)を生み出している。ところが、利用者に遅延を生じないように、あるいは相乗りをさせずにタクシーを運用するために、どのような規模と方法が最適か、という基本的な問題は解決されていない。

今回、Mohammad Vazifehたちの研究グループは、ネットワークを利用した方法を開発して、この問題を分析した。この方法では、輸送ネットワーク全体で利用者の相乗りをせず、個々の車両が共通運用される。Vazifehたちは、ニューヨーク市内における年間1億5000万回のタクシー乗車の記録を用いてこのやり方を検証し、タクシーがどのように乗車されるのかが事前に分かっていなくてもタクシーの運行台数を減らせる可能性のあることを示した。Vazifehたちの計算によれば、運行台数を現在より40%削減しても同じサービスを提供できる可能性があるとされる。また、このやり方を過去のデータではなく、リアルタイムのデータでも機能するように修正したところ、タクシーの運行台数を約30%削減しても、タクシー乗車需要の90%以上に対応できることが明らかになった。

doi:10.1038/s41586-018-0095-1

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度