Research Press Release

ケレスの最も暗い場所で検出された水氷

Nature Astronomy

2016年12月16日

Water ice detected in the darkest places on Ceres

今週、準惑星ケレス表面の永久影の領域に水氷が存在するという論文が掲載される。

ケレスは永久影に水氷が発見された、月、水星に続く3番目の惑星体である。ケレスでの水の存在は、2014年に地球からの観測で発見され、2015年3月から準惑星を周回しているドーン探査機によって確認された。地質学的な時間スケールで水分子を捉えることができたとき、太陽の光が届かない領域では水氷が見つかる天然の場所である。

Thomas Platzたちは、ドーン探査機のフレーミング・カメラで撮影されたケレスの北極領域にあるクレーターの画像を処理した。Platzたちは600個以上のクレーターに永久影を発見し、そのうちの10個は明るく輝く特徴を示した。分光学的解析は、これらの特徴が水氷の存在を示していることを裏付けた。

氷で満たされた永久影の領域を持つ水星と比べて、これらの輝点の場所の数が相対的に少ないことは、ケレスにおける水の捕獲能力や、捕獲された氷がどのように消失したかの知見をもたらす可能性がある。さらにPlatzたちは、影になった領域で捕獲されて氷になることが太陽系の大気を持たない天体では一般的な過程であることを、この発見は示していると指摘する。

doi:10.1038/s41550-016-0007

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度