Research Press Release

【微生物学】MERSワクチンの有効性を高める方法

Nature Communications

2016年11月23日

Microbiology: Improving the effectiveness of vaccines

中東呼吸器症候群(MERS)に対するワクチンの効果の高めるための新しい方法について報告する論文が、今週掲載される。今回の研究は、いろいろなウイルス感染症に対する有効性を高めたワクチンの設計に役立つ可能性もある。

ワクチンには、ウイルスのタンパク質が含まれており、ワクチンを注射された患者は、このウイルスの感染症に対する免疫を獲得する。しかし、ワクチンに含まれるタンパク質の一部は免疫応答に寄与しておらず、そのためにワクチン接種の効率が低下していた。今回、Fang Liの研究チームは、免疫反応を引き起こす効果の最も低い成分を同定するための新しい方法を開発した。この方法では、マウスを用い、個別のタンパク質を隠蔽して免疫系による認識を回避した上で、その場合のマウスの免疫応答を測定した。

Liたちは、この新しい方法の検証をMERSウイルスに感染したマウス(18匹)を用いて実施し、MERSウイルスに対する防御効果が最も高いワクチンを同定できることを明らかにした。

こうした初期の研究成果は、今後に期待が持てるものであり、Liたちは、この方法を他のウイルスに拡張適用した場合にインフルエンザ、エボラやHIVなどの感染症に対するワクチンの設計を改善する上で役立つ可能性があるという考えを示している。

doi:10.1038/ncomms13473

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度