Research Press Release

【医学研究】多発性硬化症の治療効果が期待される薬物

Nature Communications

2016年4月27日

Medical research: Drug offers potential treatment for multiple sclerosis

最近発見され、ヒトへの使用が承認されていないフルオロサミン(fluorosamine)が多発性硬化症の治療に役立つ可能性のあることがマウスの研究で明らかになり、この結果が、今週掲載される論文で報告される。

多発性硬化症は、ミエリンの損傷を原因としている。ミエリンとは、脂質とタンパク質の混合物で構成された鞘状の構造で、脳や脊髄の神経細胞を覆って保護している。このミエリンが再生する際の障害の1つが、神経の損傷部位付近で特異的に作用する分子シグナルであるコンドロイチン硫酸プロテオグリカン(CSPG)であり、CSPGは、最終的にミエリンの産生をもたらすオリゴデンドロサイト前駆細胞(OPC)の増殖と機能を阻害する。

今回、Wee Yongたちは、CSPGの存在下であってもOPCを増殖させる薬物を発見するために、245種の薬物を調べた。その結果、マウス細胞においてCSPGの産生を抑制し、OPCの増殖を促進するフルオロサミンが同定された。また、フルオロサミンを多発性硬化症のマウスモデルに注射したところ、ミエリンの産生が促進され、四肢麻痺から回復することが明らかになった。(この実験は、7~8匹のマウスからなる2つのグループに対して行われた。)このフルオロサミンによる新しい治療法をヒトに適用するには、フルオロサミンの安全性と有効性を評価するためのさらなる研究が必要だ。

doi:10.1038/ncomms11312

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度