Research Press Release

【健康】サソリ毒から命を守る抗炎症薬

Nature Communications

2016年2月24日

Health: Anti-inflammatory drugs may protect from scorpion venom

広く入手可能な抗炎症薬を投与すれば、サソリの毒による死を避けられることがマウスの研究で明らかになったことを報告する論文が、今週掲載される。

ブラジル黄サソリ(Tityus serrulatus)に刺され、その毒によって死ぬ者が、年間数千人にのぼっている。現在利用できる唯一の治療法は抗血清だが、必ず奏功するわけではなく、アナフィラキシー(命に関わることもある危険なアレルギー反応)を起こすこともある。ブラジル黄サソリの毒の活性に関係する分子機構は、これまでのところ明らかになっていない。

今回、Lucia Helena Faccioliたちは、4~6匹のマウスからなるグループを複数用意して、いくつかの実験を行い、さまざまな用量のサソリの毒をマウスに注射すると、肺において強力な炎症応答が起こり、肺が肥大し、呼吸困難によって死に至ることを明らかにした。そして、Faccioliたちは、致死量の毒を注射されても生き残ったマウスには、インフラマソーム(炎症応答を開始させる多タンパク質複合体)の特定の遺伝要素を持たないマウスと、炎症を増大させて肺の病変を引き起こすシグナル伝達分子(プロスタグランジンE2)を産生する特定の酵素を持たないマウスがいたことを明らかにした。また、こうした要素を持つマウスは、プロスタグランジン類(炎症を増大させる分子の一群)の合成を阻害する一般的な抗炎症薬インドメタシンを投与することで、毒による死から免れる可能性があることも判明した。

以上の結果は、一般的に用いられる非ステロイド系抗炎症薬(例えば、インドメタシン、セレコキシブ)をサソリに刺された時の治療薬に転用できる可能性を示唆している。しかし、この新知見については、まずヒトでの研究を行って確認する必要がある。また、今回の研究では、サソリの毒がマウスにとって致命的な肺の病変を引き起こす機構が明らかになっており、さらなる治療薬の設計に役立つ可能性もある。

doi:10.1038/ncomms10760

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度