News & Views

免疫学:SARS-CoV-2変異株と闘う単一ドメイン抗体

Nature 595, 7866 doi: 10.1038/d41586-021-01721-5

ラクダやラマは、「ナノボディ」と呼ばれる小さなタンパク質ドメインを使って標的に結合する抗体を作る。今回、COVID-19の治療において従来の抗体より有効な可能性があるナノボディを作るよう遺伝子操作したマウスが作られた。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度