News & Views

分子生物学:クロマチンを修飾する反応チャンバー

Nature 579, 7800 doi: 10.1038/d41586-020-00638-9

クロマチンは、細胞核にあるDNAとタンパク質の複合体であり、ユビキチン分子によって修飾されることがある。今回、この修飾が、酵素と足場タンパク質でできた分子反応チャンバーで生じることが明らかになった。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度