News & Views

免疫学:全てを支配する1つの環

Nature 575, 7782 doi: 10.1038/d41586-019-03200-4

抗体やT細胞受容体をコードする多様な免疫系の遺伝子は、離れた場所にあるDNA領域が並置され連結されることで形成される。今回、どちらのタイプの遺伝子も、コヒーシンと呼ばれるタンパク質の環を介したDNAの突出に依存して形成されるらしいことが分かった。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度