Review

ウイルス学:ジカウイルスの出現とその新しい臨床症候群

Nature 560, 7720 doi: 10.1038/s41586-018-0446-y

ジカウイルス(ZIKV)は蚊によって伝播されるフラビウイルスで、世界的な健康への脅威であることが明らかになってきており、それはZIKVが爆発的な流行を引き起こす可能性を有し、妊娠中の感染で胎児に先天性疾患を引き起こす能力を持つという理由による。近縁のフラビウイルスの生物学的性質については多くが明らかになっているが、胎児への感染、免疫特権部位での存続、性感染など、ZIKVの発症機序の独特な特徴から、新たな難題が提示されている。細胞培養や動物モデルの迅速な開発により、ZIKVの生物学的性質の新たな理解が促がされてきた。この知識によって、臨床試験に進んでいる多数のZIKVワクチン候補をはじめとする複数の対策の開発機会が生まれている。今回我々は、ZIKV流行の原因や結果についての新しい理解につながった最近の進歩について説明する。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度