News & Views

分子生物学:幹細胞の忠実度の自己防御

Nature 557, 7707 doi: 10.1038/d41586-018-05188-9

HP1タンパク質を含む複合体が、特定の調節性DNA配列と結合して、ゲノム領域の局所的な凝集を促進するとともに、特定の細胞系譜への分化を駆動する関連遺伝子を抑制することが、今回分かった。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度