News & Views

神経科学:パーキンソン病のモデルの再検討

Nature 557, 7704 doi: 10.1038/d41586-018-02589-8

従来のモデルでは、運動に正反対の影響を及ぼす2つの神経経路での活動レベルが、パーキンソン病では不均衡になると考えられている。今回、マウスの分析によってより複雑な実態が示された。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度