News & Views

細胞生物学:アルギニンのリン酸化は「ゴミ」の印

Nature 539, 7627 doi: 10.1038/539038a

細胞が分解すべきタンパク質に目印を付けるための、これまで知られていなかった方法が細菌で見つかった。アミノ酸のアルギニンがリン酸化されると、そのタンパク質はプロテアーゼによる分解の標的となるのである。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度