News & Views

がんゲノミクス:近づきにくい場所の修復

Nature 532, 7598 doi: 10.1038/532181a

遺伝子の転写を開始する分子装置が、修復に関わるタンパク質がDNAに近づく邪魔となっていることが、2つの研究によって示された。その結果、転写因子が結合する部位では変異発生率が上昇するのである。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度