News & Views

構造生物学:光受容体で見られる遠隔からの作用

Nature 509, 7499 doi: 10.1038/nature13331

最新のX線散乱測定法を使って、フィトクロムの光センシング部位の暗状態と光照射状態での構造が得られ、局在するタンパク質の折りたたみ直しが光シグナルを増幅して細胞で情報が形成される仕組みが明らかになった。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度