目次

Editorials

欧州の諸機関は、女性科学者が力を発揮できるよう、支援方法を改善する必要がある。

p.299

doi: 10.1038/459299a

炭素回収・貯留(CCS)は有効な温暖化対策であり、米政府のさらなる支援が刺激となって、取り組みが進展することが期待される。

p.299

doi: 10.1038/459299b

心理学者には、婉曲表現でごまかした拷問が行われるのを防ぐため、力を貸す道徳的義務がある。

p.300

doi: 10.1038/459300a

News

オーストラリアが、科学予算を予想以上に大幅アップ。

p.304

doi: 10.1038/459304a

米国の研究者が、個別の研究へ一般からの寄付を受け付けるウェブサイトを開設へ。

p.305

doi: 10.1038/459305a

イタリア中部地震で大きな被害を受けたラクイラ大学が、研究を再開へ。

Research from rubble p.306

doi: 10.1038/459306a

希少元素を化石の「指紋」として実用化できれば、強力な密輸対策に。

p.307

doi: 10.1038/459307a

SPECIAL REPORT 今後の惑星探査の進展に備え、地球由来の微生物による汚染を防ぐよう、宇宙船を消毒する新しい方法が求められている。

The planetary police p.308

doi: 10.1038/459308a

アルツハイマー病のβ-アミロイド説に代わる新しい仮説に、大きな関心が。

p.309

doi: 10.1038/459309a

News Features

光源:電球の取り替えどき

p.312

経済問題、環境問題により白熱灯は光を失いつつあるが、それに代わる技術は何だろうか。

doi: 10.1038/459312a

生命の起源:生まれ出る人

p.316

中世の錬金術師のように、初期の地球を模して基本元素から生命を作りだそうと試みる研究者がいる。

doi: 10.1038/459316a

News & Views

ナノテクノロジー:新次元に至ったDNA折り紙技術

p.331

自然が作り出す巧妙なナノ構造の多くは、サブユニットが自然に集合してできるものだ。このような組み立て過程を模倣する試みは、三次元DNAナノ構造の設計や構築を行うという、新しい段階に入った。

doi: 10.1038/459331a

計算:還元主義の切れ味

p.332

コンピューター科学と物理学の境界分野における研究は、微視的な原理を使って巨視的ふるまいを説明するという、科学研究における還元主義的手法の欠点をはっきりと示している。

doi: 10.1038/459332a

システム生物学:死すべきとき

p.334

外部からの細胞死を誘発する刺激に対して、同じ集団に属する個々の細胞がそれぞれ異なる応答を示すのはどうしてなのだろうか。それぞれの細胞がもつ「個性」は、タンパク質の濃度や活性化状態における非遺伝的な差異に起源があるらしい。

doi: 10.1038/459334a

地球科学:めった打ちにあっても屈しなかった生命

p.335

地球はその初期に、地球外から物体が雨あられと降り注ぐという大規模衝突を経験した。しかし、地殻に関する数値モデルによれば、それでも地球が不毛となることはなく、微生物生命体は生き永らえたのである。

doi: 10.1038/459335a

がん:黒色腫軍団をひとまとめにする

p.336

がんの多くでは、特定のシグナル分子の調節がうまくいかなくなって、ほかのたくさんのタンパク質や細胞過程にその影響が及んでいる。プロテオミクスは、このような広範な影響を調べるのに有用な体系的手法である。

doi: 10.1038/459336a

植物バイオテクノロジー:ジンクフィンガーで標的をつかむ

p.337

遺伝的修飾を施した植物を作出するために現在使われている方法は、効率が悪く、正確さも足りない。ジンクフィンガータンパク質を使う方法は、より迅速で正確に働く作物改良法につながると期待される。

doi: 10.1038/459337a

肥満:その原因と余分な体脂肪の制御

p.340

肥満は先進国での主要な健康問題であり、開発途上国でも問題になりつつある。肥満は、糖尿病や心臓病、脂肪肝や一部のがんのリスクを高める。肥満の生物学的基盤の解明が進めば、その防止や治療の助けとなるだろう。

doi: 10.1038/459340a

Articles

生理:Bmi1はミトコンドリア機能とDNA損傷応答経路を制御する

Bmi1 regulates mitochondrial function and the DNA damage response pathway p.387

doi: 10.1038/nature08040

生化学:アセト酢酸デカルボキシラーゼにおける静電的摂動の原因

The origin of the electrostatic perturbation in acetoacetate decarboxylase p.393

doi: 10.1038/nature07938

Letters

宇宙:巨星でみられる非動径振動の長い寿命をもったモード

Non-radial oscillation modes with long lifetimes in giant stars p.398

doi: 10.1038/nature08022

宇宙:初期火星上での水溶液の凍結に対する安定性

Stability against freezing of aqueous solutions on early Mars p.401

doi: 10.1038/nature07978

物理:量子相転移点におけるバーディーン・クーパー・シュリーファー基底状態の破綻

Breakdown of the Bardeen-Cooper-Schrieffer ground state at a quantum phase transition p.405

doi: 10.1038/nature08008

工学:金ナノロッドでの、表面プラズモンに媒介される五次元光記録

Five-dimensional optical recording mediated by surface plasmons in gold nanorods p.410

doi: 10.1038/nature08053

ナノテクノロジー:DNAの自己集合によるナノスケール三次元形状の形成

Self-assembly of DNA into nanoscale three-dimensional shapes p.414

doi: 10.1038/nature08016

地球:後期重爆撃期の冥王代地球では微生物が生存可能だった

Microbial habitability of the Hadean Earth during the late heavy bombardment p.419

doi: 10.1038/nature08015

植物:多年生植物Arabis alpinaの開花を調節するPEP1

PEP1 regulates perennial flowering in Arabis alpina p.423

doi: 10.1038/nature07988

細胞:TRAILが誘導するアポトーシスにみられる細胞間の多様性の非遺伝的起源

Non-genetic origins of cell-to-cell variability in TRAIL-induced apoptosis p.428

doi: 10.1038/nature08012

免疫:Sykキナーゼシグナル伝達は抗真菌宿主防御のためのNlrp3インフラマソームと結びつく

Syk kinase signalling couples to the Nlrp3 inflammasome for anti-fungi host defence p.433

doi: 10.1038/nature07965

植物:ジンクフィンガーヌクレアーゼによる作物種トウモロコシゲノムの正確な修飾

Precise genome modification in the crop species Zea mays using zinc-finger nucleases p.437

doi: 10.1038/nature07992

植物:人工ジンクフィンガーヌクレアーゼを用いた植物遺伝子の高頻度修飾

High-frequency modification of plant genes using engineered zinc-finger nucleases p.442

doi: 10.1038/nature07845

生化学:ナトリウム-カリウムポンプの2.4 Å分解能での結晶構造

Crystal structure of the sodium-potassium pump at 2.4 Å resolution p.446

doi: 10.1038/nature07939

神経:ニコチン性受容体チャネルの開口を準備する中間状態の検出と捕捉

Detection and trapping of intermediate states priming nicotinic receptor channel opening p.451

doi: 10.1038/nature07923

細胞:レチノイン酸が誘導する顆粒球分化過程におけるヒストンメチルトランスフェラーゼのNアセチルグルコサミン化

GlcNAcylation of a histone methyltransferase in retinoic-acid-induced granulopoiesis p.455

doi: 10.1038/nature07954

細胞:CtIP-BRCA1は細胞周期を通してDNA二本鎖切断修復経路の選択を制御する

CtIP-BRCA1 modulates the choice of DNA double-strand-break repair pathway throughout the cell cycle p.460

doi: 10.1038/nature07955

「Journal home」に戻る

プライバシーマーク制度