Highlight

論説:21世紀の科学は社会科学?

Nature 445, 7127 doi: 10.1038/445489a

D Wattsは1998年にS Strogatzと共にNature誌上に発表した論文で、「スモールワールド」現象(のちに「6次の隔たり」として知られるようになった)を紹介した。その彼が今週号のEssayで社会科学を取り上げ、これを推奨している。Wattsは、人類が現在直面している主要な諸問題は社会的、経済的なものだとするところから始め、社会科学は21世紀の科学であると早々に宣言している。ソーシャルネットワークに関する研究やインターネットのデータ収集力は、ヒトの集団行動についての説明を根底から変えるかもしれない新しい科学のための揺るぎない基礎となる。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度